わとそんと日記

読んだ本(主にKindleセールで購入したもの)を紹介するブログです。

まだコードで消耗してるの?

f:id:hishiwat526:20170626172712p:plain

 

みなさんイヤホンってどんなの使ってますかね?

もしかして有線のイヤホンを使ったりしてませんか?毎回絡まったイヤホンをほどいている。そんなことしてるから生産性が悪いんですよ。

 

ぼくはBluetoothの無線イヤホンを使ってますからコードが全然絡まない。

 

 

有線の何万倍も生産的だと思いますね〜。まだコードで消耗してるの?

 

こういうこと言うとすぐに「バッテリーがすぐに無くなるじゃないか!」とか「無くしたらどうするんだ!」なんて感情的に批判しちゃう人たちがいますよね。

 でも、大丈夫。

このイヤホンはフル充電すれば6時間持ちますし、イヤホン部分が磁石になっているんでくっつくんですよ。

こんな感じで

f:id:hishiwat526:20170626174230j:plain

【aptX対応ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Q12 レビュー】シャキシャキした歯ごたえのあるシャープサウンドが魅力 – audio-sound @ wordpress

(こうやって走ってる時に着けるためのものなんじゃないだろうか・・・)

 

ご案内。

もはやLINEモバイル一択か?格安スマホ最前線 - わとそんと日記

「1日外出録 ハンチョウ」が味わい深い。 - わとそんと日記

kindleを使い倒すための3つの方法 - わとそんと日記

 

LINEでkindleセール情報を配信中!

友だち追加

 

 

kindleを使い倒すための3つの方法

Kindleを使い倒そう

f:id:hishiwat526:20170112150659j:plain

Amazonのサービスの中でも僕が愛用してやまないのがKindle書籍です。端末のKindleがなくてもアプリで充分に楽しめます。

Kindleを使うと単純にたくさんの本がスマホタブレットに入れられて持ち歩けるというのはもちろん、そのほかにも様々なKindleならではの使い方がありますので、その辺をご紹介してみたいと思います。

 

Kindleセール

普通の本ではセールというのはないですが、Kindle本の場合にはセールがあります。まずは定期的に開催されるセールが3つ。

 

月替りセール:毎月1日に更新されます。

amzn.to

 

Kindleセレクト25:毎週金曜日に更新されます。要は週替りセールですね。

amzn.to

日替わりセール:毎日更新されます。

www.amazon.co.jp

 

この月替り、週替り、日替わりのセールがKindleセールの基本です。その時によってお得加減も違えば対象となる書籍もビジネス書、小説、ハウツーもの、写真集、マンガなどさまざまです。

 

また、この他にその時に合わせたセールがあります。よくあるのは映画化されたときに原作本がセールになったり、直木賞芥川賞などを取った作者の本、その時期に合わせたもの、例えば4月なら「新入社員向けの本」といったセールが行われたりします。

マンガも含めると、ほぼ毎日何らかの新しいセールがスタートしています。もちろん期限があるものなので、いいものを見つけたときには早めに買うようにしましょう。とりあえずあとで…と思っていて買い逃してしまったことも多々あります(涙

 

Kindleセールの注意点!

1 そんなに安くなっていない

セールといいながらあまり安くなっていないケースもあります。よく元の値段も確認しましょう。読みたければ買っちゃえばいいんですけどね。

 

2 マーケットプレイスの方が安い

セールで安くなっていても、実はマーケットプレイス(中古)の方が値段が安いケースもあります。紙で中古にはなってしまいますが気にならない人はそちらで購入することも検討したほうがいいでしょう。

 

共有・検索がしやすい

電子書籍であることのもう一つのメリットは共有や検索がし易いということですね。

ハイライト 

Kindleは読んでいる最中にハイライトというラインが引けます。これをしておくとあとで読み返す時にカンタンにその場所が探せます。コピペもしやすいですね。

また自分のKindleハイライトが一覧でみられるページもあるので、これを開いてざーっと読み返すのもいいですね。

https://read.amazon.co.jp/kp/notebook

 

検索

検索ができるのもデジタルの良さですよね。見つけたい箇所を検索するのに直接単語で検索することも出来ますし、目次をタップすれば一気に飛びますので、読みたい場所だけ読むこともカンタンです。

その他

3つ目は端末間の同期ができるということですね。

スマートフォンで読んでいた続きをPCで読めたり、タブレット端末で読めたりします。これでさらに忘れて読めないということになるわけです。iPhoneだけだと電池残量が気になったりしますが、iPadでも読めばいいわけです。家で読むならPCにすれば大画面でも読めます。勝手に同期してくれるから、どの端末でどこまで読んだとか考えなくてもいいわけです。

 

まとめ

このように、Kindleで読書をするということは紙の本とは全く違った読書体験をもたらしてくれます。Kindleを使えばもっと気軽に本が読めるようになると思います。僕ももっと使い込んでたくさん本を読んでいきたいと思ってますので「こんな使い方あるよー」というのがあれば是非教えてください。

 

AmazonKindle本ページ

http://amzn.to/2t4iCoM

もはやLINEモバイル一択か?格安スマホ最前線

LINEモバイルに定額通話プランが登場しました!

過去にmineoやUQモバイルLINEモバイルのメリット、デメリットを比較してきました。各社がしのぎを削り、まさに世は格安スマホ戦国時代と言われていますが、それに終止符を打つが如き1手をLINEモバイルが打ってきました。

LINEモバイルのデメリットは通話料金

UQモバイルやmineoと比べた時に見劣りするのは通話料金プランでした。両社とも定額通話プランがあるのに対して、LINEモバイルは20円/30秒という初期のケータイかよ!みたいなプランしか無かったわけですが、これで解決されました。

以前、LINEモバイルの記者発表会で定額通話を初夏から始めるという話が出ていましたがちゃんと実現してくれたわけですね。こういう姿勢は好印象ですね。

で、どんな内容なの?

とはいえ、ショボい内容だったら全く意味ないわけですが、そこはLINE。ちゃんと期待に応えてくれるプランを持ってきてくれました。

f:id:hishiwat526:20170619170352p:plain

10分電話かけ放題:LINEモバイルのかけ放題サービス - LINEモバイル

 

月額880円で毎日10分以内なら何度でもかけられます。1日の無料通話時間が10分ということですね。1分だったら10回までは無料。

mineoは5分以内の通話は何度でもかけられて850円。

UQモバイルは基本プランに含められています。内容はmineoと同じで5分以内なら何度でもOK。また1回の通話時間ではなく、無料でかけられる時間を決めることも出来ます。

 

もう少し詳しく比較してみる

どこまでおトクなのかもう少し具体的に計算してみたいと思います。

LINEモバイル 

コミュニケーションフリープラン5GB 2,200円

10分かけ放題            880円

合計                3,080円

mineo

6GB      2,280円

定額通話      850円

合計      3,130円

UQモバイル

プランM(6GB、何度でも5分かけ放題)  2,980円

 

こうやって冷静に見てみると、ちょうど横並びって感じがしますね。ちょっとはしゃぎすぎました(笑)すいません。

ただ、コミュニケーションフリープランとの比較なので、SNSの通信量はカウントフリーですのでその分ちょっと優位ということでしょうか。

アプリで通話料金が半額に

これまではLINEモバイルなのに楽天通話アプリを使うというなんか変な感じでしたが、今回「いつでも通話」というアプリができました。アプリをインストールしてアプリから電話をすれば、通常の20円/30秒から10円/30秒へと通話料金が変わります。

だったらこんな面倒なことしないで、LINEモバイル自体の料金を安くすればいいんじゃね?と少し思いましたが、他社も取り込みたいのかな?まあ安くなるのでいいです。

こちらは定額通話のオプションを申込まなくてもアプリをインストールすれば使えます。

mobile.line.me

 

明日から使えるようになるようですね。早速インストールしようと思ったのですが、現在のところはAndroid版のみの提供なんですって。

とりあえず、待ちまーす。

 

 

LINEモバイル関連の記事はこちらもどうぞ。

 

thinkinglab.hatenablog.com

 

 

thinkinglab.hatenablog.com

 

 

thinkinglab.hatenablog.com