読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わとそんと日記

読んだ本(主にKindleセールで購入したもの)を紹介するブログです。

ドコモからLINEモバイルへ。MNP乗り換え手続きの時に気をつけたほうがいい3つのこと

格安スマホ お金

前回の別れの時点では、正直まだ不安もあったのですが替えてみた今、特に不自由があるわけではないです。なので、結局変えちゃうことに不安があっただけだったんだな、って思いました。

今回は契約していたドコモ(iPhone6S )のSIMカードLINEモバイルSIMカードMNPを使って変更するという手続きをしました。

その時にちょっと引っかかったことが3つあったのでそのことについて描いてみたいと思います。

1 ドコモのコールセンターは意外と粘る

2 LINEモバイルの契約にあたっては審査がある

3 AppleCareとは永遠の別れ

 

1 ドコモのコールセンターは意外と粘る

電話番号がそのままで通信会社を変更できるモバイルナンバーポータビリティMNP)を利用するには現在の契約している会社、ぼくの場合はドコモに連絡してMNPの予約番号というのを取ってもらう必要があります。

LINEモバイルを申し込む時に番号を入力しますので、一番初めにすることがこの予約番号の取得ということになります。

 ちなみに、ドコモの解約日はLINEモバイルが開通した日になるとのことです。解約の手続きは不要。

新しい人と付き合い始めたら、過去の人とは自動的に別れられるとは便利ですね。

 

予約番号をお伝えする前に、と、ここでコールセンターの方からぼくの不安を上手に煽る一言が繰り出されます。

 

解約するとAppleCareの保証が切れてしまい、再加入することができませんがよろしいですか?

 

全然考えてないところからボールが飛んできてびっくりしてしまったぼくは慌てふためいてしまい、

一旦取り消しして下さい

って言っちゃったんですね。弱い。

 

その後調べてみると、LINEモバイルには「持込端末保証」というオプションがあり、実はAppleCareよりも安く直せちゃったりするんですよね。これは後ほどもう少し詳しく書きます。

 

というわけで、もっかいドコモに電話して、今度はぶじに予約番号出してもらいました。ちゃんと、あらかじめ調べておけばあたふたしないで済みましたね。

 

2 LINEモバイルの契約にあたっては審査がある

 

というわけで、ドコモのコールセンターの方から勝ち取った予約番号を持って意気揚々とLINEモバイルの申込ページに行ったわけなんですが、ここでまたしても不安要素登場です。

 

f:id:hishiwat526:20170224111437p:plain

現在お申し込み多数につき商品出荷までにお時間を頂いております。また、MNP開通受付窓口への電話が繋がりにくい状況が発生しております。MNPの開通は余裕をもってお手続き下さい。

 

ええっ!

なんか翌日には発送されるっていう記事みたよ?月内に手続きできなかったら余計にお金かかっちゃうよね?

っていう思いが一瞬頭をよぎったんですが、

まぁ、とりあえずやってみるか。

んー、でもやっぱりちょっと迷う!

という葛藤を抱えていたので、とりあえずLINEモバイルのコールセンターに電話してみました。

 

ぼく「あのー、今から申込をしようと思っているんですが、手続きまでどれくらい日数がかかりますかね?なんか申込ページをみたら、出荷まで時間かかるって書いてあったんで」

 

コールセンター女性「そうですね、早い方ですと翌日には発送になりますが、10日くらいみていただきますと間違い無いです」

 

ぼく「早い人と遅い人では何が違うんでしょうか?」

 

女性「審査がございまして。その内容によって日にちが変わってきます」

 

ぼく「え!?  審査があるんですか?」

 

なんか、“審査”って聞くとどきっとしますよね。通らなかったらどうしよう、って。別に引っかかる要素もないですが。

 

コールセンターの方は「お伝えできる範囲で」と前置きして、審査の内容について教えてくれました。

・入力した住所と確認書類(ぼくの場合は免許証)の住所が間違っていないか。

MNPの予約番号の入力が間違っていないか。

 

というようなことをチェックするとおっしゃっておりました。

要はちゃんと入力できているか、ってことですね。もちろん他にもあるんでしょうが、そんな感じならあまり引っかかる要素もなさそうだと思い、あまり気にしませんでした。端末も購入する場合はもうちょっとハードルが上がるかもしれないですね。

 

ということは、入力を間違えなければそんなに時間はかからなそうだな、と思ったのでとりあえず申し込んじゃうことにしました。

ダメだったらまた考えればいいや、ということにして。 

 

というわけで、いろいろと入力して

f:id:hishiwat526:20170224111638p:plain

MNP予約番号も入力して

 

f:id:hishiwat526:20170224111659p:plain

無事にLINEモバイルの申込みも完了しました。

 

 

申込みをした翌日には契約成立の連絡が来ました。

このたびはLINEモバイルをお申し込みいただき、誠にありがとうございます。
お申し込み内容の確認が完了しましたので、ご連絡いたします。
お申し込みいただきました内容は、下記のマイページよりご確認いただけます。
なお、本メールをもってお申し込みいただいたプランの契約成立となります。
本メール配信後のお申込みのキャンセルはできません。
商品の発送がすみましたら、改めてご連絡させていただきます。
 

 

そして、その数時間後にはSIM発送の連絡もきました。

このたびはLINEモバイルをお申し込みいただき、誠にありがとうございます。
お申し込みいただきました商品を下記のお問い合わせ伝票番号にて発送いたしましたのでご連絡いたします。
お申し込みいただきました内容はマイページよりご確認いただけます。

 

これでひと安心。 とりあえずやってみて良かったです。

 

 3 AppleCareとは永遠の別れ

なんでそうなるかはよくわからないですが、AppleCareは引き継げないのだそうです。たぶん、Appleがキャリア毎と契約しているからなんでしょうね。

一度使ったことがあって、またそのうち落とす可能性の高いぼくとしましては、AppleCareはわりと重要なんですね。で、どうしようかと困っていたら、LINEモバイルにも「持込端末保障」っていうオプションがありました。

f:id:hishiwat526:20170224112454p:plain

端末保証オプション - LINEモバイル

 

月額500円で、一回目の修理は4,000円なのでAppleCareよりいいですね。ちゃんと代替機も貸してもらえるようです。

ただ、注意点としては、発売日から36ヶ月までが保証対象ということです。自分が購入した日ではなくて、世の中に発売された日ですね。

つまり、iPhone6sの場合は2015年9月15日なので、保証対象期間は2018年9月15日までということですね。

 

AppleCareとは永遠の別れとなりますが、端末保障に加入していれば心配はなさそうですね。

 

というわけで、ぼくがドコモからLINEモバイルに乗り換えるときに気になったことでした。

次回は

即日開通って言うけど実際どれくらいの時間がかかるの?

ということについてです。