わとそんと日記

読んだ本(主にKindleセールで購入したもの)を紹介するブログです。

ロジカルクッキングでハンバーグを作ってみました。

前回のスクランブルエッグに続き、今回はハンバーグです。なんか読んだ本について書こうと思ってブログを始めたのですが、お料理ブログみたいになってきてます。でも、料理も面白いです。

 

まずは分量ですね。

挽き肉 250g(分量の0.8%の塩)

溶き卵 10g

牛乳 10g

パン粉 5g

玉ねぎ 40g

 

ポイントその1 なるべく肉に手で触れない

まずは挽き肉に0.8%の塩を入れてすりこぎで混ぜます。

そう、手で混ぜないんです。なぜなら

体温で肉が温まる

からだそうです。温まると肉同士がくっつきにくくなってしまうんだそうです。何となくわかるようなわからないような理論ですが、まずはその通りにやってみます。

f:id:hishiwat526:20170215121137j:image

まだ、入れたばかり。お店で売ってる、いわゆる普通の挽き肉です。

 

f:id:hishiwat526:20170215121918j:image

上から潰すようにしながら混ぜます。ちょっと粘り気が出てきた感じがします。

 

f:id:hishiwat526:20170215121957j:image

だいぶ粘着力が出てきました。挽き肉と塩だけでもこんな風になるんですねー。なんか美味しくなりそうな予感がしてきます。

 

f:id:hishiwat526:20170215122151j:image

つなぎのパン粉、牛乳、溶き卵と玉ねぎを炒めます。油断してて玉ねぎが少し焦げてます(汗

この時も手ではなくゴムベラで。触っちゃダメですって。

 

f:id:hishiwat526:20170215122342j:image

 混ぜたら、丸くします。ここで初めて手で触れます。

しかし!触れている時間はなるべく短く!

そういえば昔、将太の寿司という漫画で寿司はなるべく早く握る方がいい、みたいなのをみた気がします。

 

 

あと美味しんぼでは女の人は手が温かいから男性よりも不利!みたいな回もあったような。

 

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)

美味しんぼ 111 (ビッグコミックス)

 

 

寿司職人になるのに何年も修行するのは無駄だというホリエモンの発言もありましたね。

weblog.horiemon.com

ぼくはわりとその意見に賛成です。要は何を目指して努力するかということなんですよね。みんなが「すきやばし次郎」になりたいわけじゃないでしょうし。

あれです、60点で受かる試験なんだけど100点を必ず取るために勉強しなきゃいけないか、という話と似ている気がします。

なんていう話をすると、上を目指さないなんてダメだ、という反論がありますが、そんなこと言ってるから日本はサービス産業の生産性が悪いんだと思います。

toyokeizai.net

 

日本人はそもそも職人気質なので、すぐに極める方向にいきがちですが、そうじゃない価値観も必要なのではないかと思うのです。

 

・・・と、そんなことを考えているうちに焼き始めます。

f:id:hishiwat526:20170215125855j:image

 

ポイントその2 なにはともあれ、弱火。

ロジカルクッキングと言えば弱火、弱火と言えばロジカルクッキング。

今回も、もちろん弱火で焼きます。

 

f:id:hishiwat526:20170215125845j:image

側面まで火が通ってきたらひっくり返す。

f:id:hishiwat526:20170215125935j:image

まだですねー。

相変わらず火が通るのに時間がかかります。でも焦げる心配もないので、待っている間に洗い物とか他の準備とかできます。

 

f:id:hishiwat526:20170215130007j:image

そろそろ良さそうですねー。ひっくり返します!

 

f:id:hishiwat526:20170215130217j:image

 

そして、残った肉汁にケチャップを入れてソースを作って(←これはレシピにないです)

 

はい、完成です!

 f:id:hishiwat526:20170216154700j:image

 

 

どんな味がするんだろうと思い、わくわくしながら食べてみると、

なんかイマイチ・・・

 

 

ジューシーさはあるんですが、肉がカタい・・・

う〜ん、何を間違えたんだろうか??

 

 

また今度挑戦してみます。

 

※再チャレンジした結果、上手くいきました。噛むと肉の旨みがじゅわっと口の中に広がって、めっちゃ美味しかったです!何が悪かったかは不明です。

 

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 (幻冬舎単行本)

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 (幻冬舎単行本)

 

 

広告を非表示にする