わとそんと日記

読んだ本(主にKindleセールで購入したもの)を紹介するブログです。

iPhoneとiPadの間にあるもの。

Kindle本をどの端末で読むか

iPhoneだとちょっと小さい

f:id:hishiwat526:20170711053938j:plain

Kindle本には読みやすくなっているものもありますが、雑誌サイズの大型本に関してはそのままの大きさで売られていたりします。こういうのを見る時にiPhoneはちょっと小さいんですよね。絵が中心ならいいんですが、字が中心になるとちょっと読みづらいです。

 

また、Kindleでは無料マンガが結構あるんです。今もAmazonPrimeDay真っ只中ということでかなりのKindleマンガ祭りになっています。マンガも同じように字が多い場合はちょっと読みにくかったりします。拡大とかして読むときもあります。

 

そして、Amazonビデオも観るようになってしまったのです。Amazonビデオはプライム会員なら見放題のものが結構たくさんあります。プライムオリジナルもありますね。ドキュメンタルも面白いです。この場合もiPhoneだとちょっと小さくて、もう少しおおきかったらいいな、と思うわけです。

iPadだとちょっと大きい

f:id:hishiwat526:20170711054117j:plain

かと言って、iPadだとちょっと大きいんですよね。マンガなんかは横向きにすると見開きになっていいんですけどね。家で読む分にはいいんですが、外で使うときにはちょっと大きいんですよね。ずっと持ってると重いですし。

あと、何見てるか周りにバレやすい

っていうのもありますね。いや、バレて困るようなものを見てるわけじゃないんですが、なんとなく恥ずかしいです。

iPad miniにしようかな

じゃあiPhoneiPadの中間のiPad miniにしようかなって思ったわけです。大きさ的にもちょうどいいかなーって。

でも、なんとなく引っかかったんですよね。初代Xperiaが出た時からスマートフォンを使い始めていたAndroidユーザーだったのですが、ある日iPhoneに変えたときからAppleの波状攻撃が我が家にも訪れ、iPadMacBook Air、そしてうちの奥さんもお義母さんもiPhoneへと。気づけば我が家はmicroUSBからLightningケーブルだらけになっていったんです。

f:id:hishiwat526:20170711055334j:plain

iPhoneiPadの間にあるもの、それは…

いやいいんですよ、使いやすいし、固まらないし。でも、ここまで浸透してくるとそろそろ違うのでもいいかな?って思ってきたわけです。あれだけ使いにくかったAndroid端末にもちょっと惹かれたりするんです。ずーっと忘れていたんだけれども、ふとしたきっかけで心の中に入ってきて。そうしたらもう頭から離れなくなってしまって…。

あれ?

 

 

 

 

これって、恋?

 

 

 

 

ちがいますけどね。

要するに久々にAndroid端末にしてみようかと思ったわけです。

XperiaなのかAQUOSなのかなんて考えていたんですね。でも、たぶん用途としてはKindle本とAmazonビデオなんだよなー、なんて考えていたら天啓が降りてきたわけです。

 

Amazonならfireでしょ!

 

というわけで、プライム会員なら4,000円引きでおなじみ、コスパ最高なfireを購入しました。

久々にAndroid端末を触ると色々と思うこともありますが、それはまた次回。

 

PrimeDay につき更に割引中です。

Fire 7 タブレット (Newモデル)  8GB、ブラック

Fire 7 タブレット (Newモデル) 8GB、ブラック

 

 

 

 

 

 こちらもおすすめ

kindle値下げ祭り【500円以下編】 - わとそんと日記

kindle値下げ祭り【1000円〜500円編】 - わとそんと日記

kindle値下げ祭り【高額商品編】 - わとそんと日記

Kindle値下げ祭り【お料理編】 - わとそんと日記

 

Kindle値下げ祭り【お料理編】

ビジネス書だけじゃない!Kindle値下げ祭り

 我が家では僕にも調理の機会が訪れます。

しかし、どうも料理が苦手なんですよねー。なんていうかあんまり上手くならないんですよね。レパートリーも増えないし。たぶんセンスが無いんだと思うんですが。

でも、それでは困るのでいろいろと改善策を考えていたりもします。

 

この本でかなり料理に対するイメージが変わりました。

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 (幻冬舎単行本)

弱火コントロールで絶対失敗しない料理 (幻冬舎単行本)

 

弱火にすることによって、 料理が格段にカンタンになりました。味も美味しいです。弱火な分、時間がかかりますが焦げないのでほっておくこともできます。

ちなみにこちらも幻冬舎50%ポイント還元セール中です。

同じように、オーブンを使うと一定の温度で決まった時間で焼くので失敗しないんですよね。

というわけで、いかに楽して失敗しないで、おいしいご飯が作れるかということを考えて何冊か本を購入してみました。

と言いながらレシピ本って結構買っても1−2品作っておしまいになっちゃうんですよね。なのでお安いものをセレクトしてみました。

 

材料入れてコトコト煮込むだけレシピ

材料入れてコトコト煮込むだけレシピ

 
材料ならべてこんがり焼くだけレシピ

材料ならべてこんがり焼くだけレシピ

 

 

食材2つで作るおかず

食材2つで作るおかず

 

 

 

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

笠原将弘の 30分で和定食 (旬の料理はこの人から。)

 

 レシピ本って、内容もそうなんですが、美味しそうな写真に惹かれるっていうところもありますよね。お腹すいた。

 

こちらもおすすめ

kindle値下げ祭り【500円以下編】 - わとそんと日記

kindle値下げ祭り【1000円〜500円編】 - わとそんと日記

kindle値下げ祭り【高額商品編】 - わとそんと日記

kindle値下げ祭り【500円以下編】

気軽に変える500円以下の本からピックアップ

高額本、1,000円以下、ときて今度は500円以下からピックアップです。

 

 いろんなヒット商品がいかにして生まれたか。その要因は「行動観察」にあった。顧客がこうあって欲しいといのは表面上のニーズでしかない。その奥に隠れた本当のニーズを見つけ出し、ありそうでなかったものが世に出た時にそれはヒット商品となる。

たくさんの知っているものが出てきますので「ああ、あれはそういうことだったのか」とか雑学的に知るだけでも面白いです。

 

 

 6月の月替りセールにも登場していましたね。 元々は20年ほど前の書籍です。なぜ日本は戦争に破れてしまったのか。戦争中に大本営参謀にいた著者が情報という側面から戦争を紐解きます。

 

 タイトルはやや過激だけれども、貨幣経済は終焉に向かっていて、かわりに評価経済が台頭してきている。そう考える二人の対談本。すでにオタキングこと岡田斗司夫さんはオンラインサロンをやっていたわけですが、まだホリエモンのオンラインサロンを始める前だったので、どんな感じでホリエモンがオンラインサロンをとらえていたのかを伺うことも出来ます。

オネアミスの翼の話、アニメづくりの話も面白いです。

 

 

NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント

NHK「100分de名著」ブックス ドラッカー マネジメント

 

 言わずと知れた名著であるドラッガーの「マネジメント」をNHKの番組100分de名著で取り上げた時のまとめ本。「マネジメント」は有名でありながら難解なので、何となく知っているけど読んだことはない。買ったけれど大切に本棚にしまってある、という人は少なくないのではないでしょうか?

 

 

 ドラッカーに興味を持った方はこちらもどうぞ。

 

1分間ドラッカー 最高の成果を生み出す77の原則

1分間ドラッカー 最高の成果を生み出す77の原則

 

 

また、同様に難解だけれども一時期めちゃくちゃ話題になったピケティも1分間で学べます。

 

アドラーもありますよ。

 

 

幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】

幸せな小金持ちという生き方 ― 本田健初期作【完全版】

 

本田健さんの初期の作品である

◇「幸せな小金持ち」になるための8つのステップ
◇ お金のIQ お金のEQ
◇「ライフワーク」で豊かに生きる

が一つにまとまったかなりお得感のあるKindle本となっています。こういう合本もデジタルならではのものですね。

幸せな小金持ち、という大金持ちは目指せなさそうだけれども幸せな小金持ちならなれるかも。そしてしれはすごくいい感じがする。という目指すべきイメージを提供したのが本田さんの素晴らしいところだと思います。

 

若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録

若者よ、アジアのウミガメとなれ 講演録

 

 シンガポールを拠点にアジアで活躍する加藤順彦さんの講演録。これからはアジアが来るというのも説得力があります。講演録なので読みやすいです。おそらく講演に使われたスライドだと思うのですが、文章の途中に挿入されていますので、話しを聞きながらスライド映像を見ているようで少し臨場感が上がります。

ー成長の尻馬にのること。それ以上に大事なことはない。

 

 

拝金 青春経済小説

拝金 青春経済小説

 

 ホリエモンが自分の経験を元に書いた小説。以前、この本について本人が「自分の経験を追体験してもらいたい」と言っていましたが、その目論見どおり、年収200万円のフリーターがIT長者に文字通り駆け上がっていく様子を追体験することが出来ます。

ゴーストライターがいたとかいないとかっていう話もありますが、そんな話はどうでもいいくらい面白く読むことが出ます。

※Kindleunlimited対象

 

新装版 考えるヒント (文春文庫)

新装版 考えるヒント (文春文庫)

 

 近代日本の文芸評論を確率した小林秀雄のエッセイ集。学生の頃に一度読んだことがありますが難解な文章に途中で挫折しました…。でお、今の僕なら読めるハズと思い購入。さて、どうなるか。

 

 

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

打ちのめされるようなすごい本 (文春文庫)

 

通訳、エッセイスト、作家として活躍し、読書家としても知られる著者が週刊文春に連載していたものや新聞に掲載した165冊分の書評をまとめたもの。

第一部は読書日記という形になっていて書評というよりもエッセイに近いのでとても読みやすいです。

 

最弱球団 高橋ユニオンズ青春記

最弱球団 高橋ユニオンズ青春記

 

 戦後たった三年間だけ創設間もないパ・リーグに存在した高橋ユニオンズ。その関係者に取材を重ねてつくられたノンフィクションで最弱と言われた球団を明らかにする。最弱ながらもそこには選手たちの青春があり、楽しく読める一冊です。

 

 

材料入れてコトコト煮込むだけレシピ

材料入れてコトコト煮込むだけレシピ

 
材料ならべてこんがり焼くだけレシピ

材料ならべてこんがり焼くだけレシピ

 

 レシピもあります。僕は一応料理もするので役に立ちそうな二冊をゲットしました。

 

以上、500円以下で手に入れられるKindleセール本でした!

 

 

こちらもおすすめ

kindle値下げ祭り【1000円〜500円編】 - わとそんと日記

kindle値下げ祭り【高額商品編】 - わとそんと日記

Kindle値下げ祭り【お料理編】 - わとそんと日記